プロフィール 








ハンドルネーム:そう
ゲーマータグ:Peatbeat

気軽にメッセージやフレンド登録どうぞ
フレンド登録の場合メッセージも添えてくれるとありがたいです。
ゲームに誘うときも同様にメッセージくださいまし。いきなり来るとスルーする可能性大。
なお管理人からゲームに誘ったりメッセージ送ったりはあまりしません。シャイだから。
でも送ってもらう分にはすごくうれしいので是非是非 返信はちゃんとします故
相互リンクも随時募集しております。
現在フレンドの人数がカツカツの状態でやりくりしております。
申し訳ないですがあまり交流を取っていない方はフレンド削除させていただきます。
ご了承ください。


なおメールは「このサイトについて」のメールフォームからお願いします。

Xbox 360 ファンサイト

Twitter

RSS

 

カレンダー+月別アーカイブ 

 

攻略タイトル 

 

  

 

 
よかったら下のランキングクリックしてくださいまし
人気日記BLOG
XBOX.com Xbox360 mk2
XNEWS X's Network
Game*Spark

 

 
下のバナーは好きな方お持ち帰りでお願いします。
200*40バナー 90*30バナー
 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
戦い方
アタッカー
アタッカーは、よほどディフェンダーと戦力差が無い限り勝つのは難しい。
立ち回りとしては、援護兵はある程度居るのが望ましい。1部隊に一人は居ると結構安定する。GPS送信機で広範囲を攻撃できるのも良い。
逆にスナイパーはそれほど必要ではなく、相手のスナイパーの掃除や、金塊周りの敵の排除がメイン。
結構良い感じなのが、他のメンバーが正面から攻めている間に特殊兵で裏を取って金塊に爆弾を仕掛ける方法。あらかじめC4大量に撒いてダメージを与えておくとなお良い。
工兵のロケットランチャーで遠距離からロケットランチャーで狙撃するのもあり。結構狙える場所は多い。
最も手っ取り早いのが、金塊が1階にある場合、軽戦車で壁壊しつつ横付けして金塊に主砲を撃ちまくるの。うまくいけば速攻で壊せます。
できればエリア移動の時に半分くらいの戦力が残っているのが望ましい。
とにかく裏をかいていくことが重要。物量で押そうとすると戦力がりがり削られます。

ディフェンダー
アタッカーと違って何回殺されても良いのが強み。手榴弾とかでまとめて倒されたりしない程度に数で押すのが比較的有効。
特に重要なのが工兵で、来る戦車をロケランでひたすら倒す。戦車が通りかかりそうな所に地雷を撒いておくのも忘れずに。固めて置いても誘爆するだけ無駄なのである程度散らせる用に。
さらにその支援として特殊兵でトレーサーを付けておくのも有効。C4で自分で壊しても良いけど、かなり接近しないといけない。その場合は前や後ろからだと轢かれる恐れがあるので横から。
特殊兵は裏取りにも有効なので、こっそり榴弾砲を壊すのもかなり有効な手段。戦線が下がってからだとあまり意味はないけど。
偵察兵もある程度の腕があれば非常に強く、来る敵の数をかなり少なくすることができる。ただし腕が無いのであればやめておくのが吉。
ディフェンダーで逆にあまりいらないのが援護兵で、死んでも特にデメリットが無いため。GPS送信機もあまり使えないし。
金塊の周りにも常に1,2人は居るようにしておくと、特殊兵に裏取りされて爆弾を設置されそう(された)場合に対処ができる。
スポンサーサイト
 
設置武器
一応このサイトでは、マシンガンの様なタイプを機関銃、グレネードランチャーの様なタイプを機関砲と名義しております。あってるかどうかは知らないっ
榴弾砲
巨大な火砲で、ほぼ垂直に発射し、狙った場所一帯に榴弾をまき散らす凶悪な兵器。
1回撃つとしばらくリロードに時間がかかるが、真上からの視点でマップのかなり広い範囲を狙うことができるので金塊周辺をいきなり爆撃することも可能。ただし、近すぎる所や、エリアが進んで奥の方になった所などは狙えない。
ただし撃ってから着弾までに時間がかかるため、動く目標を狙う場合は先読みが必要。また、味方の名前なども表示されないため、誤爆に注意。
その性能ゆえ使いたい人が殺到し、時に醜い争いを巻き起こす。
機関銃
建物の上の方や土嚢の後ろに設置されている機関銃で、援護兵のライトマシンガンよりもさらに強力になっている。
射程も長めで、ばらつきも少ないので歩兵相手には十分な戦果を発揮できる。また、正面にシールドが付いており、正面からの弾丸は防ぐ事ができる。
ただし戦車に対してはあまり効果は無く、シールドがあると行っても隙間から弾は通ってくるし、グレネードやロケットランチャーにも無力。
固定ロケットランチャー
機関銃と同じく陣地の入口などに設置されているロケットランチャー。シールドは無い。
戦車などが突っ込んできたときなどに有効だが、工兵のロケットランチャーと同じく連射は効かないので注意。
弾速も遅いため歩兵相手に使うにもきつい。
機関砲
変な乗り物みたいな形をした機関銃の強化版みたいな武器で、主に対空用。
着弾するとグレネードのように爆発を起こす(範囲は狭い)。
あまり下には向けられないので歩兵などに使うには辛い。

乗り物
武装の横の()は攻撃できる方向
戦車[2人:運転・主砲(全)・煙幕/機関銃(全)]
陸上兵器の花形。高い耐久力と攻撃力を備えている。
動きはのろいのでロケットランチャーなどに注意。
主砲の威力は高いが、連射は効かないため戦車同士の撃ち合いの場合はミスに気をつける。
軽戦車[2人:運転・機関砲(全)・煙幕/機関銃(全)]
戦車の装甲を薄くし、主砲を連射の効く機関砲に変えた物。
若干移動速度も上がっている。
人間相手にはこれで十分だが、戦車と戦うには辛い。
兵員輸送装甲車[4人:運転・機関砲(全)・煙幕/機関銃(全)/機関銃x2(後方)]
4人まで乗れるようになった装甲車で、全員何かしらの攻撃をすることができる。
軽戦車よりもさらに耐久力は落ちているが、移動速度は向上している。
後ろの機関銃手二人は後ろに向かってしか銃を撃てないので、メインの機関砲・機関銃が撃ち漏らした敵を倒すと良い。
なお装甲車は水中に入ってしまうと移動できなくなってしまう。
装甲車[4人:運転/機関銃(全)/助手席/荷台]
兵員輸送装甲車の劣化版。移動速度はそこそこ速い。
荷台の装甲が無いので後ろからの攻撃に注意。
バギー[4人:運転/グレネード砲(前)/機関銃(全)/後部席]
陸上では最も早く移動できる。
グレネード砲と機関銃が取り付けてあるので装甲車よりは攻撃力も高め。
ただし耐久性は非常に低い。
攻撃ヘリ[2人:運転・ロケット(前)/機関銃(全)]
上空からロケットを連射できる非常に恐ろしい乗り物。
しかし操縦にはかなりの慣れを必要とする。しかもオフとはなぜか操作方法が違う。
ロケットを撃つ場合は視点を変えると当てやすい。
装甲がかなり紙で、ロケットランチャーはもちろんアサルトライフルにさえ撃墜されるおそれがある。
ボート[4人:運転/機関砲(前)/機関砲(後)/後部席]
水上を移動できる唯一の乗り物。結構速度も速く、裏をかくのにも使える。
武装もそこそこのが付いているので安心。
耐久力は低い。  
兵科
[ ]内は、[メイン武器(RB1)/特殊武器(RB2:アンロック必要)/サブ武器(LB1)/特殊武器(LB2)]の順。
突撃兵[アサルトライフル/グレネードランチャー/ハンドグレネード/LIFE-2]
最もバランスの取れた兵科で、好きなように暴れ回ることができる。
LIFE-2をアンロックすれば、自力で好きなときに回復できるのも魅力。
しかし対車両用の武器が無いため、車両と戦うにはかなり厳しい。

工兵[ショットガン/ロケットランチャー/ハンドグレネード/地雷]
武器がショットガン、ロケットランチャーと一発の威力が高い兵科。
特殊武器が2つとも対車両用ということもあって、戦車などを優先的に倒していきたい。
メイン武器がショットガンのため、あまり広い場所には出ないように。
なお地雷は金塊にダメージを与えるのにも有効。

偵察兵[スナイパーライフル/レーザー照準機/ハンドガン/モーションセンサー]
遠距離での狙撃を目的とした兵科なので、最前線には出ずにひたすら見える敵を狙撃し続ける。
なお偵察兵のみギニースーツという草木のようにカモフラージュされた服を着ているため、草むらでしゃがんでいるとかなり見つかりづらい。
モーションセンサーも一応持っているが、現状では効果時間が短すぎるため、敵の接近を知らせるために使うにはやや辛い。
レーザー照準機も持っているので、スナイプ途中に車両を見つけたらそっちを狙うのも良い。

特殊兵[サブマシンガン/C-4/ハンドグレネード/トレーサーガン]
レーダーに映らないという特殊な能力を持った兵科で敵に発見されたりモーションセンサーに引っかかると写ってしまうものの、武器もサブマシンガンということでマズルフラッシュで見つかることも少なくなる。
その特性を生かし、対戦の中でも手薄な方から忍び込み、裏取りをするとかなり良いかも。
C4もあるので、あらかじめ敵陣の車にくっつけて置くとか。
また、C4は金塊にダメージを与えるにも有効。ディフェンス側なら、金塊の近くに設置して敵か爆弾を仕掛けに着たら起爆するのにも使える。

援護兵[ライトマシンガン/医療キット/修理キット/GPS送信機]
突撃兵を除き、唯一体力を回復させることのできる兵科。修理キットで車両の回復にも大活躍。
また、修理キットを木の塀やコンクリートの壁に使用すると破壊することができる。人にダメージを与えることも可能。
分隊に一人は居るとかなり安定する重要な役割である。かといって多すぎるのも問題だけど。
前線に行くなら、一番前よりも、一歩引いた位置に居ると良いかも。
なお、自分自身がダメージを負っている場合、医療キットを持っている間は徐々に体力が回復していく。  
武器
メインウェポン
アサルトライフル
最もバランスの取れた武器で、中距離戦で真価を発揮する。近距離、遠距離でもある程度使うことが可能。
しかし近距離、遠距離ではそれぞれ特化した武器には撃ち負ける事が多いので注意。
サイトの形が物によって全く違うので、自分が一番狙いやすい物を選ぶと良い。
なおすべてのアサルトライフルにはグレネードランチャーが搭載されている。
サブマシンガン
近距離用の武器で、サイレンサーを装備しており、音が出にくいこととマズルフラッシュがわかりにくいというメリットがある。
射程は短いが、高い連射力による瞬間火力は恐ろしい事に。
他のゲームと比べてアサルトライフルとの違いがはっきりと付いているように思える。
スナイパーライフル
遠距離に特化した狙撃銃で、スコープが付いている。見渡しの良い場所や高い場所から撃つのが基本。
威力が低めな代わりに連射が効くタイプと、威力が高い代わりに連射が非常に遅いタイプがある。
どちらが良いかは好みで。
ライトマシンガン
他の武器と比べて格段に多い装弾数が魅力の武器。火力もそこそこある。
集弾性が低いためかなりばらけてしまうのと、リロードにかなりの時間がかかる欠点がある。
しかし、その貫通性能は魅力的で、ヘリや軽装甲車に対してもかなりのダメージを与えることができる。
ショットガン
サブマシンガンよりもさらに射程が短い近距離専用の武器。
スナイパーライフルと同じく、威力が低めな代わりに連射が効くタイプと、威力が高い代わりに連射が非常に遅いタイプがある。
威力が高い方なら、距離が近ければ即死させられるほどの威力。しかし射程が短いため、半端な距離で敵を見つけてしまった場合はすぐに撃たないのが吉。

サブウェポン
グレネードランチャー[アサルトライフル]
ハンドグレネードよりも水平に近い軌道で飛ぶため、より遠くに飛ばすことが出来る。
着弾した瞬間に爆発するため、物陰にうまく入れることが難しい。
ハンドグレネード[サブマシンガン、ライトマシンガン、ショットガン]
いわゆる手榴弾。投げてから一定時間後に爆発する。
RTを押す時間によって爆発のタイミングを変えることが可能。長時間持っていても手の中で爆発することはない?
ハンドガン[スナイパーライフル]
スナイパーライフルを装備しているときの近距離用の武器で、結構攻撃力は高い。
装弾数は少ないので、これをメインに使おうとすると辛いので、なるべくなら遠くに居る段階でスナイパーライフルで処分しておきたい。

特殊アイテム
LIFE-2
体力を回復することのできる注射。
オフなら一瞬で回復するが、オンでは徐々に回復していくため、回復中に攻撃されると危ない。
一定時間立つまで再使用はできない。
電動工具
車両を修理することのできるアイテム。先端を車両に当て、RTを押し続けると徐々に回復していく。
RPG
いわゆるロケットランチャー。車両に対してもかなりのダメージを与えることができる。
弾道は一直線に飛んでいくため当てやすい。
しかし弾速は遅いため、ある程度動きを読んで撃つ必要がある。
C-4
プラスチック爆薬を地面や車両にくっつけ、もう一度RTを押すと爆発させることができる。複数設置したい場合はその都度Xボタンを押せば良い。
威力はかなり高めだが、かなり近い所にしかくっつけることはできない。
GPS送信機
任意の地点に対して迫撃砲の支援をして貰える装置。
迫撃砲を撃ち込んで欲しい地点に対してRTを押し続けてゲージを溜めれば発射される。
結構時間がかかるため、見つかっていない状態で使うのが良い。
レーザー照準機
MRTR-5と同じくRTを押し続けることでミサイルを落とすことができる。ただしどこでも良いわけではなく車両しか狙えないっぽい。
ミサイルが発射されると、RSを使って自分である程度着弾地点を動かすことが出来るため、命中精度は高い。威力・爆発範囲も広め。
地雷
地面などに設置することで、敵が上を通りかかると爆発する。味方は踏んでも爆発しない。
銃で撃つことで任意に爆発させることも可能。
医療キット
地面に投げて使用し、それを踏んだ人を徐々に全回復させることができる。最大5個まで。
対象に直接ぶつけても良い。
モーションセンサー
投げて落ちた部分の周囲を索敵し、敵の反応があると味方のレーダー上に位置などを反映させることができる。
かなり短い時間しか効果は無い。
トレーサーガン
ピストルのような物から発信器を飛ばし、人や車両にくっつく。
くっついた敵の位置をレーダーに反映することができ、また、ロケットランチャーはその敵に向かってホーミングするようになる。
誰も乗っていない車両にも有効で、自分が死んでもその効果は残る。  
知っておくと良いこと
オフ
■金塊の置いてある場所の近くには、ミッション2の初めに出てきた敵傭兵のマークが置かれているので、それを探すようにすると良い。最初のミッションを除いて1ミッションに付き5個ずつある。
金塊の場所は口では説明しにくいのでこちらへ。英語ですが。
■武器のコレクションをすべてそろえたいなら、敵が落とす武器もマメに拾うように。また、マップ上に表示される×マークの所にも置いてある。なお敵の落とした武器は一定時間立つと消えてしまうので注意。RPGやC4などはコレクションには含まれない。
■火に当たるとダメージを受けるので注意。また、車なども火に近づくとダメージを受けてしまう。壊した車両の火も同様なので、近すぎる場合はすぐに距離を開けるように。
■自分が死んでしまっても、チェックポイントには戻されてしまうが、死ぬ直前の状態から始まるのでさほど難しくはない。拾った武器などもそのままの状態で持っている。「戦場からの帰還」実績は、もし死んでしまったら最後のチェックポイントから再開すれば問題ない。イージーで最初のミッションをやれば楽勝。
■赤いドラム缶や、石油タンク、赤い木箱などは撃つことで爆破することができる。オンオフ共通。
これらの近くには隠れない方が良い。
■木の塀などはナイフで攻撃すれば一撃で破壊できる。
また、木の塀や薄いトタンの塀などは弾を貫通する。その際、木の塀はダメージを与えすぎると壊れてしまうが、トタンは爆発物でしか壊れないっぽい。
一部のマップにある分厚い金属の壁も、爆発物を使えば2段階で破壊可能。1段階目はしゃがむと通れる隙間ができ、2段階目では完全に壊れて無くなる。
■この世界で一番高い場所は修道院
■走りながらリロードすることは出来ないが、リロードした後(リロード動作中)なら走ることが出来る。また、リロード仕切る前に武器を変えてしまうと、弾がリロード前の状態に戻ってしまい、またリロードをする必要があるが、装弾数がちゃんと最大になった後なら、武器を変えてもリロードされた状態となる。

オン
■攻撃側と防御側で戦い方が全く違うので、ちゃんとそれに合わせて動くようにしなければならない。防御側なのに突っ込んでいっても勝つことは難しいです。
■分隊というシステムが付けられており、最大4人で組むことになる。フレンドを誘った場合は分隊に組み込まれ(現在はバグでばらばらのチームになってしまう場合がある)、それ以外の場合はランダムで所属することになる。ボイスチャットもこの分隊内でのみ話すことができる。
同じ分隊の人は水色の名前で表示される。
■リスポンは自分の陣地か、もっとも前線にいる他の分隊の仲間の所にできる。ただし無敵時間などは無いので、仲間の所に出た瞬間死ぬことがあるので、あらかじめ確認しておく必要がある(背景にその場所の映像が流れてる)。
なおLast man standingと表示されているときは、自分以外の分隊の仲間がやられていて自分しか生き残っていない状態。この状態で死んでしまうと他の仲間達も自軍の陣地からしか復活できなくなってしまうため時間的にも戦況的にも痛い。
■スコアは様々な行動で上げることができる。敵を倒すことはもちろん、回復や敵を倒した人と同じ車に乗ってるだけで貰えたりする。それらが一定量溜まると階級が上がり、一定の階級になる度にアンロック武器を任意で解除することができる。
■一部特殊な条件でのみ解除できるアンロック武器がある(上から5段目の)。
詳しい取り方は公式ページのここに順次載せられるらしい。
自分の場合ショットガンのUSAS15はやってるうちに解除されたので、上記の方法以外でも取れるっぽい。条件満たしてただけみたいです。
■落ちている武器(バッグみたいなの)は拾うことで自分の武器と交換することができる。なおガジェットも同時に交換され、見た目のみ変わらない。
■敵に対して一定以上照準を合わせていると敵発見の報告をすることができ、仲間全員のレーダーに位置を写すことができる。一定時間で切れる。
また、偵察兵や特殊兵の特殊アイテムでもマップに表示させることができる。
■金塊には爆弾をBボタン長押しで設置し、一定時間立つことで破壊することができるが、それ以外でも爆発物でダメージを与えることができる。ダメージを与え続ければ壊すことも可能だし、爆弾を設置した後の起爆までの時間も短くなるので積極的にねらうと良い。
また、爆弾のタイマーは引き継ぎで、例えば設置した5秒後に解除されてしまっても、次仕掛けるときには5秒分起爆までの時間が短くなっている。
■味方にも当たり判定はある。むやみやたらに撃たないように。また、車を運転するときも前後に注意しよう。遠距離にいる仲間は、照準をその人に当てない限り名前はおろか色すら分からないので、偵察兵の人は注意。
■対戦は1つのマップで双方がアタック・ディフェンスを1回ずつやると次のマップへ移っていく。
ディフェンス側は金塊を守りつつ敵を一定数倒せば良いだけなのに対し、アタック側は2個の金塊を破壊しても次のエリア、次のエリアと移っていくので非常に勝つのが難しい。ちなみに2個の金塊を壊し次のエリアに移る際に戦力ゲージがやや回復する。
そのマップの最大エリアなどを調べたい場合は、ミッション開始前のブリーフィング画面でRBで右のページに行くとそのマップのマップが表示されるのでそこで確認。
■ナイフキルをするとドッグタグを貰えるが、それ以外にも倒した相手のランクに応じたポイントを追加で貰うこともできるので積極的にねらってみると良い。
■自分の体力が減ってしまったときに、マップに+マークが表示される。これは味方の援護兵の位置なので、近づいていけば医療キットをくれるかも。
逆に自分が援護兵の時は、マップ上に+マークでダメージを負った人が写るので、余裕があるときは回復してあげよう。自分のポイントにもなるし。
■たまに自軍の金塊にC4を大量にくっつけている人が居る。本人は金塊を守るために仕掛けているのかもしれないが、自軍の金塊にも容赦なくダメージを与えてしまう。ダメージを与えた本人もすさまじくポイントがマイナスされてしまうので、百害あって一利なし。やめておこう。
■ポイントを稼ぎたいのであれば、援護兵で他の人&乗り物の修理を積極的に行うと良い。1ラウンド中に何度もやっていれば勲章も貰える。
もし戦闘で稼ぎたい場合は突撃兵のM16や特殊兵のUSPなどを使うと6キルするたびに2個の勲章を貰える。また、ワイルドカードを貰うと大量に経験値を貰えるのでねらってみるのも良い。  
 

メモ 

■コメントの禁止ワード[アダルト]その他
■次回攻略予定:未定
■かつて無いほどブログ放置
■箱でやるゲームが無いんです・・・!
 

 

ブログ内検索 

 

注目タイトル 


 

Play-Asia

 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。