プロフィール 








ハンドルネーム:そう
ゲーマータグ:Peatbeat

気軽にメッセージやフレンド登録どうぞ
フレンド登録の場合メッセージも添えてくれるとありがたいです。
ゲームに誘うときも同様にメッセージくださいまし。いきなり来るとスルーする可能性大。
なお管理人からゲームに誘ったりメッセージ送ったりはあまりしません。シャイだから。
でも送ってもらう分にはすごくうれしいので是非是非 返信はちゃんとします故
相互リンクも随時募集しております。
現在フレンドの人数がカツカツの状態でやりくりしております。
申し訳ないですがあまり交流を取っていない方はフレンド削除させていただきます。
ご了承ください。


なおメールは「このサイトについて」のメールフォームからお願いします。

Xbox 360 ファンサイト

Twitter

RSS

 

カレンダー+月別アーカイブ 

 

攻略タイトル 

 

  

 

 
よかったら下のランキングクリックしてくださいまし
人気日記BLOG
XBOX.com Xbox360 mk2
XNEWS X's Network
Game*Spark

 

 
下のバナーは好きな方お持ち帰りでお願いします。
200*40バナー 90*30バナー
 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
珍しく2件目のレビュー。
スポンサーサイト
 

Read more...

感染者
通常感染者
いわゆる普通のゾンビ。もっとも一般的な敵で、一番戦うことになる相手。
一体一体は弱いが、それが群れをなして襲ってくるため、決してザコとは呼べない。
囲まれてしまった場合は、慌てずにLTで殴って距離を取ってから撃つようにすると良い。
音に敏感に反応し、銃声や足音などで襲ってくる。大音量が出るトラップでは、大量の感染者を呼び寄せてしまう。
こちらに気づいていないときはその場でふらふらしているだけなので、遠距離から狙撃すると良い。
なお、今作から通常感染者の中に珍しい個体が混じるようになった。
CEDAエージェント
「Dead Center」にて出現。防護服を着込んでいるため、火系のダメージを与えることができず、着火もしない。
倒すと稀にBoomerの胆汁を落とす。
道化師
「Dark Carnival」にて出現。他の通常感染者を呼び寄せる能力を持っている。
マッドマン
「Swamp Fever」にて出現。泥の中に潜んでおり、近づくと飛び出して襲ってくる。攻撃を受けると画面が泥で汚れてしまう。
建設作業員
「Hard Rain」にて出現。パイプ爆弾やBoomerの胆汁に反応しない。
暴動鎮圧隊員
「The Parish」にて出現。正面からの攻撃ではひるませることしかできないため、背中を攻撃する必要がある。稀に警棒を落とす。

特殊感染者
The Hunter
ゾンビの移動速度をさらに上げた敵。こちらに動物のように飛びかかって攻撃してくる。
押さえ込まれるとひたすら殴り続けられるため、他の人に助けてもらうしかない。
The Boomer
肥満型の感染者で、口から胆汁を吐きかけてくる汚い相手。見た目とは裏腹に意外とフットワークも軽い。
胆汁をかけられると、一定時間視界が奪われる他、他の感染者を大量に呼び寄せるという非常にやらしい性能を持っている。
しかも、倒したときも爆発して周囲に胆汁をまき散らすため、倒すときは遠距離から倒すのがセオリー。距離が近い場合は殴れば引き離せる。
その性質上優先的に倒すと良い。
The Smoker
体から緑色の煙のような物を出している敵で、舌が異様に長いのが特徴。
毒ガスを吐き、周辺が見え辛くなる他、倒したときもガスをまき散らす。実害はあまり無いが。
問題は長い舌での攻撃で、遠距離からこちらに巻き付かせ、引き寄せようとする。引き寄せられるとHunter同様攻撃され続けるので注意。
なお、仲間が引き寄せられているときに舌を撃てば助けられる(もちろん本体を攻撃して倒しても良い)。また、自分が捕まった場合も、素早く舌や本体を攻撃すれば逃げられる。
The Tank
他の特殊感染者とは一線を画すほどの戦闘能力を持った敵で、攻撃力・耐久力ともに桁外れ。
瓦礫や車をぶん投げてくる上、普通に殴られただけでも吹き飛ばされてしまう。壁際ではそのまま連続で食らって昇天してしまうことも。
威力の高い武器で集中砲火を与えて倒したい所。火炎瓶も有効。
なお、火炎弾の攻撃には強く、5秒ほどしか着火しない。
The Witch
こいつが近くにいるとすすり泣く声が聞こえるのでそれを目印に。
普段はしゃがみ込んでいるだけで(夜間マップ時)何もしてこないが、攻撃したりライトの光を当てると襲いかかってくる。
結構な速度で向かってくる上、攻撃されると即死というむちゃくちゃな相手。標的を倒すとマップから消えてしまう。
見つからないように抜けてしまうのがベストだが、倒す場合はしゃがんで近づいてから背後からチェーンソーか、ショットガンのヘッドショットを当てると良い。
なお、今作では昼間マップに出てくる場合は立ち上がっており、ゆっくり移動するようになった。
The Spitter
新規追加感染者。非常に嫌らしい敵で、遠距離から酸を飛ばしてくる。この酸は床に落ちると広範囲に広がり、酸に触れている間ダメージを受け続けてしまう。
かなりダメージも大きいため、すぐに逃げたい所。また、倒したときも足下に酸をまき散らす。
耐久力はかなり低め。
The Jockey
上半身裸のHunterのような敵で、小柄でスピーディー。
こいつに飛びかかられると動きを操られてしまい、結構な速度でどこかへ無理矢理移動させられる。ある程度は抵抗可能だが、味方に助けて貰うしかない。
ちなみに操っている間もきっちり攻撃してくる。ダメージ自体はHunterほどはない。
The Charger
劣化版Tankのような敵で、耐久力・攻撃力共に高めな武闘派。
こちらに向かって猛烈なスピードでタックルをしてきて、食らうと壁際に叩きつけられ、そのまま殴りに移行する。
ちなみに犠牲になるのは最初に当たった人のみ。複数の人に当たった場合はダメージのみ。
タックルを避けれればそのまま壁に突っ込んで怯んでくれるので、そこを攻撃すると良い。  
武器
プライマリウェポン
ポンプ式ショットガン
初期の頃に拾えるショットガン。
連射速度が遅く、リロードにも時間がかかる。リロード時間はショットガン全般に言える事ですが。
弾が拡散するため、まとめて敵を倒すことができるが、多くの敵に当たるような距離だと威力が低い。
クロームショットガン
初期の頃に拾えるショットガンその2。
性能的にはポンプ式ショットガンとほぼ変わらないが、こちらはやや弾の拡散率が下がっており、射程が伸びている。
サイレンサー付きサブマシンガン
サイレンサーが装備されたサブマシンガン。ゾンビを引き寄せにくい?
サブマシンガンよりも何気に威力も上。
サブマシンガン
サイレンサー付きサブマシンガンと比べ地味な印象になってしまった武器。
とは言え、序盤に高確率で拾えるので、次の武器が見つかるまでの強い味方。
コンバットライフル
3連バーストなアサルトライフル。一回トリガーを引くことで、3発の弾が発射される。トリガーを引き続ければ3連射を断続的に撃つが、その速度は低め。
命中力が非常に高いため、遠距離の敵を相手にするのに便利だが、近距離に多数の敵が居る場面では厳しい。
AK-47
威力が非常に高いアサルトライフル。命中率、連射力はやや悪い。
その威力と命中精度の低さを利用して、固まっている感染者を倒すには良いかもしれない。
M-16アサルトライフル
威力は低い物の、その連射速度と命中精度が魅力的な武器。
かなり思い通りに扱えるが、弾の消費が激しいので無駄撃ちには注意。
コンバットショットガン
恐ろしい連射速度を持ったショットガン。弾が散らばりやすいため、近距離の敵を相手にするのに便利。
タクティカルショットガン
コンバットショットガンと同じく、連射速度が非常に速いショットガン。
コンバットショットガンと比べ弾が散らばりにくいため、射程距離が長い。
ハンティングライフル
スコープを使える狙撃用武器。威力が非常に高く、通常感染者なら一撃。貫通力も高い。
ただし、連射速度は低い。
スナイパーライフル
ハンティングライフルの上位版。連射力が上がっており、スコープを覗かなくても十分使用に耐える。
グレネードランチャー
メイン武器だが、弾の補充ができない。使い切ったら終了。
着弾地点に爆発を起こすことで、固まった敵を排除するのに役に立つ。
仲間や自分を巻き込まないように注意。

セカンダリウェポン(ハンドガン)
ピストル
おなじみのセカンダリウェポン。
まぁまぁな連射速度と、所持弾数が無限という点から、弾を節約したい時に便利。
前作よりもやや命中率が下がったか?
二丁拳銃
ピストル装備時にもう一個ピストルを拾うと2丁拳銃となる。
威力が倍になるが、リロードに時間がかかる他、命中精度も低くなる。
近距離戦が苦手な武器で使うのにおすすめ。
マグナム
新たに登場したセカンダリウェポン。一発の威力が恐ろしく高く、通常感染者なら一撃。
ただし、装弾数は少なく、命中率も低め。連射性能も低い。

セカンダリウェポン(接近武器)
防火斧
斬る系
マチェット
斬る系
日本刀
斬る系
バール
殴る系 リーチ短め
クリケットのバット
殴る系
エレクトリックギター
殴る系 殴るとギターが鳴る
フライパン
殴る系 リーチ短め
警棒
殴る系 リーチ短め
一部の感染者(Riot)を倒すことで、たまに入手できる。
チェーンソー
回数制限有りの特殊な接近武器。起動時に大きな隙有り。
斬りつければざくざく切れていくが、ゲージが無くなるまで使うと捨てる。

アタッチメント
レーザーサイト
拾ったときに装備していたプライマリウェポンにレーザーサイトが付き、命中精度が上がる。
武器を交換してしまうと無くなるので注意。
爆発弾
爆発弾パックに入っている。
敵に当てることで小範囲爆発し、怯み効果を与える弾薬。
まとめてダメージを与えれるが、FFに注意。
火炎弾
火炎弾パックに入っている。
敵に当てることで発火し、ダメージを断続的に与える弾薬。
タンクに対しては効果が弱まる他、防護服を来た通常感染者にも効果が無い。

投擲武器
火炎瓶
前作から続投。落下地点一帯を火の海に変える。
一定時間付近から来る敵を倒していってくれるが、自分や仲間にも火が付くため注意。
パイプ爆弾
前作から続投。落下地点で音を出し、感染者を引き寄せた上で爆発する爆弾。
生存者よりも優先して近寄っていってくれるため、ラッシュ時に効果的。
Boomerの胆汁
新たな投擲武器で、敵に当てることで、その敵を他の感染者が攻撃するようになる。
所々に落ちている他、一部の感染者(CEDAエージェント)を倒すことでもたまに入手できる。
こちらも生存者よりも優先して向かっていってくれるが、その感染者が死ぬか、一定時間立つことで効果が切れる。
そのとき残っている呼び寄せられた感染者が一気にこちらに向かってくるため、諸刃の刃。  
前作参照

知っておくと良いこと
■今作ではクローゼットが無いため、蘇生させるにはAEDを使うしか無い。
■前作に比べ、所持弾数が大きく減っている。無駄撃ちに注意。
■最初に設置されている武器はランダムの可能性あり。
■一部のゾンビを倒すことで、稀にアイテムを拾うことができるようになった。
■ゾンビの中には、特殊感染者の他に珍しい通常感染者が紛れ込むようになった。
各マップに付き1種類出現?特殊な能力を持っている。
■殴りは連続で使うことはできず、連続で使う毎に次に出るまで時間がかかるようになる。  

Left 4 Dead2   


Valve/公式

■オフライン:C
■オンライン:B
■難易度:D~B
■実績コンプ:B


今年の頭に出て、その徹底してCoop専用にするというスタイルから非常に人気を博した対ゾンビFPSの続編が早くも登場。
より遊び安くするために武器やアイテムの大幅追加、敵ゾンビの大幅追加などがされている他、
人気の根源でもあったAIディレクターもさらにバージョンアップされ、天候までも変わるようになりました。
 

Read more...
アタッチメント
Grenade Launcher
アサルトライフルに装備することのできるアタッチメント。
放物線を描くグレネードを射出できる。着弾地点で爆発を起こすため、角に隠れている敵や部屋の中にいる敵に使うと効果的。
ただし、着弾地点が近距離だった場合爆発しないので注意。弾自体を直撃させるならOK。
Red Dot Sight
スナイパーライフルとハンドガンを除くすべての武器に付けられるサイト。
赤いドットと重なる敵を撃てば良い。ズーム機能はほとんど無いが、近距離戦には優れている。
Silencer
装着することで、武器を使ってもレーダーに映らなくなる。また、マズルフラッシュも抑えられる。
今作ではほぼすべての武器に装着することができるようになった。
ただし、距離による威力減衰が大きくなり、有効射程が短くなる。
ACOG Scope
中距離~遠距離用のスコープ。有効射程距離が伸びる。近距離の敵は逆に見づらい。
武器により、構えたときに照準が全く揺れない物などもある。ただし反動が増す。
FMJ
すべての武器で装備可能なアタッチメント。弾をフルメタルジャケット弾に変える。
貫通力が増す事で、壁抜きがしやすくなる。前作のディープインパクト相当。
Rapid Fire
サブマシンガンに付けられるアタッチメントで、弾の連射速度が上がる。前作のダブルタップ相当。
瞬間火力が跳ね上がるが、その分マガジンが空になるのが速く、弾が無くなりやすい。
Grip
軽機関銃とショットガンに付けられるアタッチメント。
安定感を増すことができ、反動が減る。
Akimbo
すべてのハンドガン、マシンピストルと、一部のサブマシンガン、ショットガンに付けられるアタッチメント。
武器を両手に装備することが出来、RTとLTで撃つ事ができる。
ただし、腰だめにしか撃てなくなる他、命中精度も下がる。
Tactical Knife
ハンドガンのみ装備できる。ナイフの構え方が変わることで、ナイフの攻撃速度が上がる。
Extended Mags
すべての武器で装備可能なアタッチメントで、1マガジン当たりの装弾数が上がる。
全体的な弾の所持量は増えないので注意。
Holographic Sight
通称ホロサイト。スナイパーライフルとハンドガンを除くすべての武器に付けられる。
ドットサイトとズーム倍率は同じだが、中央のドットが大きな丸になっており、近~中距離戦での狙いが付けやすくなる。赤い色もやや薄め。
Shotgun
アサルトライフルに付けることのできるショットガン。
射程距離は長いが、威力が低い。連射速度はそこそこある。
Thermal
すべてのプライマリウェポンに付けられるスコープで、スナイパーライフルのスコープのようにズームされる。息止めも可能。
スコープがサーマル仕様にされるため、敵が見分けやすい他、煙幕の中に居る敵にも有効。ただし、照準時のぶれが大きい。
ColdBloodedを装備している人は白く表示されず、背景と同じように表示される。
Heartbeat Sensor
サブマシンガンを除くすべてのプライマリウェポンに付けられるアタッチメント。
自分の前方120度くらいの敵が表示されるレーダーを装備する。UAVほど正確ではないが、有効距離は意外と長い。
照準を構えたとき(一部除く)や、走っている時は見れない。  
Perk:パーク
[ ]内は、覚えられるレベルと、Proの場合は習得条件(Proの前のPerkを装備した状態で行う)
Perk1
Marathon:マラソン[Lv4]
無限に走り続けることができる。
Marathon Pro:マラソンプロ[26マイル走る]
障害物の乗り越えが早くなる。

Sleight of Hand:早業[Lv4]
リロードが速くなる。
Sleight of Hand Pro:早業プロ[120kill]
LTを押して構えるまでの時間が短くなる。

Scavenger:スカベンジャー[Lv13]
死体から弾や装備品を回収できるようになる(死体の近くに青い箱みたいなのが落ちている)。
装備品やランチャーの弾なども回収可能。ただし、武器の弾を拾いたい場合、補充したい武器を装備しているときにしか拾えない(装備品なら何装備してても一緒に回収可能)。
また、他にスカベンジャーを装備している人と共有なので、他の人が拾っても消える。
Scavenger Pro:スカベンジャープロ[100回拾う]
初期の持弾数が2倍になる。

Bling:装飾銃[Lv21]
プライマルウェポンに2つのアタッチメントを付けることができるようになる。
Bling Pro:装飾銃プロ[200kill]
セカンダリウェポンに2つのアタッチメントを付けることができるようになる。

One Man Army:ワンマンアーミー[Lv45]
生きているときでも、いつでもクラスチェンジができるようになる。ただし、チェンジには6秒かかる他、セカンダリウェポンが装備できなくなる。
One Man Army Pro:ワンマンアーミープロ[120kill]
クラスチェンジにかかる時間が3秒になる。


Perk2
Stopping Power:ストッピングパワー[Lv4]
人間に対して、弾の威力が上がる(1.4倍)。
Stopping Power Pro:ストッピングパワープロ[250kill]
敵航空支援に対して、弾の威力が上がる。

Lightweight:ライトウェイト[Lv4]
移動速度が速くなる。速くなる割合は元々の速度に依存し、元から早いクラスほどより早くなる。
Lightweight Pro:ライトウェイトプロ[30マイル走る]
走った直後のエイムの隙を減らす。

Hardline:ハードレイン[Lv9]
Kill Streakの必要kill数が-1killされる。
Hardline Pro:ハードレインプロ[40回Kill Streak支援を行う]
Death Streakの必要death数が-1deathされる。

Cold Blooded:冷血[Lv25]
UAV、航空支援、セントリーガン、サーマルビジョンに映らなくなる。
ただし、プレデターやAC130のように手動で狙うタイプの航空支援の場合、赤い□が表示されないだけで白くシルエットは見えるため狙おうと思えば狙える他、流れ弾などで巻き込まれることは多々ある。
Cold Blooded Pro:冷血プロ[40回敵のKill Streakを破壊]
狙われてもクロスヘアが赤くならない他、名前も表示されなくなる。

Danger Close:危険察知[Lv33]
爆発物の威力が上がる(1.4倍)。爆発範囲が広がるわけではない。
Danger Close Pro:危険察知プロ[100kill]
航空支援の攻撃力が上がる。


Perk3
Commando:コマンドー[Lv4]
格闘攻撃の攻撃距離が長くなる。
Commando Pro:コマンドープロ[ナイフで20kill]
落下ダメージが無くなる。

Steady Aim:照準安定[Lv4]
クロスヘアが小さくなり、腰だめでの命中率が上がる。
Steady Aim Pro:照準安定プロ[腰だめで80kill]
スナイパーライフル時に息を止められる時間が延びる。

Scrambler:スクランブラー[Lv17]
近距離に居る敵のレーダーをジャミングする。上下にも効果はあり、近いほど効果アップ。
ただし、裏取りをするときにこのPerkを付けていると逆に接近を知らせることに。
Scrambler Pro:スクランブラープロ[至近距離で50kill]
クレイモアに引っかかっても、爆発するまでタイムラグが発生するようになる(3秒程度)。

Ninja:ニンジャ[Lv29]
心拍センサーに映らなくなる。
Ninja Pro::ニンジャプロ[至近距離で50kill]
自分の足音がほぼしなくなる。裏取りのお供に。

SitRep:状況報告[Lv37]
敵の爆発物やTactical Insertionの位置がわかる(壁越しでも赤く表示される)。
SitRep Pro:状況報告プロ[敵の爆発物などを120個破壊]
敵の足音が大きくなる。Ninja Proに対しては効果は薄いが、やや聞こえるようになる。

Last Stand:ラストスタンド[Lv41]
死ぬ前に一定時間ハンドガン(ハンドガンを装備していない場合はM9)を撃てる。M93 Rafficaを装備している場合はこれを使用する。ヘッドショットや爆発物で死んだ場合は無理。
この状態で一発でも攻撃を受けると死ぬ。フラッシュグレネードなどでも死ぬ。
這って移動することも可能。Xボタンを押すことですぐに死ぬ事もできる。
Last Stand Pro:ラストスタンドプロ[ダウン時(Last Stand発動時)に20kill]
ハンドガンの他、グレネードやナイフで攻撃できるようになる。


Kill Streak
Kill Streakは、レベル10以降、レベルが一定数増える毎に1個アンロックできる。
初期では、UAV、Care Package、Predator Missileとなっている。
また、同じキル数の物を2個同時に装備することはできない。
UAV:UAV:3kill
敵の位置をレーダーに表示する。
今作では銃で破壊することもできる(小さな飛行機みたいなのが飛んでいる)。ポイントも入る。
なお、戦場に仲間のUAVが居るときに呼び出すとサーチ速度が上がる(2台まで)。
Care Package:救援物資:4kill
グレネードの様な発煙筒を投げ、そこにヘリから積み荷を落として貰う。積み荷の中身は、弾薬か、他のKill Streakの中からランダム(Tactical nukeとCare Package、Emergency airdrop除く)。Xボタン長押しで回収できる。
敵の積み荷は破壊できる他、開封することもできる。自分以外の味方の積み荷も同様。ただし、自分で要請した場合よりも開封に時間がかかる。
積み荷には当たり判定があり、潰されると死ぬ。味方でも死ぬ。
要請場所が悪いと、取れない場所に落とされてしまうので注意。
Counter-UAV:カウンターUAV:4kill
敵UAVを無効化し、敵レーダーにジャミングを行う。機体の見た目はUAVと同様。
Sentry Gun:自動機銃:5kill
敵を自動で撃ってくれるタレットを要請する。Care Packageと同じような感じ。
前方90度に居る敵に有効。射程も長めで、薄い壁越しでも反応する。
無限に連射する訳ではなく、しばらく撃った後、クールダウンが必要。また、敵発見から撃つまでに少し時間がかかる。
要請で回収した後、そこからさらに十字キー右で持って、自分で好きな場所に設置する必要がある。この間無防備なので注意。また、移動させている途中で死ぬと、タレットも消えてしまうので注意。ただし、初回設置時であれば消えない。
タレットは破壊可能で、ポイントももらえる。後ろ側は認識されないので、後ろ側から近寄れば安全。ナイフなら一発で壊せる。また、スタングレネード、フラッシュグレネードで少しの間無力化できる。
Predator Missile:プレデターミサイル:5kill
自分である程度任意の位置にミサイルを落とす事ができる。多少貫通力もあるため、天井の薄い場所に居る敵も倒せる。
2階建ての建物の1階部分に居る場合や、地下にいる場合は安全。その他頑丈な天井であれば防げる。
狙っている最中は無防備だが、死んでもミサイルの誘導は可能。
RTで加速できる。一度加速してしまうと減速はできないので慎重に。
敵航空支援に当てれば一発で落とせるが、味方の航空支援にも当たるので注意。
Precision Airstrike:精密爆撃:6kill
前作にもあった空爆支援。任意の場所に帯状の空爆を行ってくれる。建物内の敵には無効(入口付近などは除く)。
今作では爆弾を落とす方向も決められる(右スティック)。
Harrier strike:ハリアー攻撃:7kill
指定した地点に、Precision Airstrikeの様な空爆を行った上で、その付近をピンポイントで攻撃してくれるハリアーを呼ぶ。敵の航空支援に対しても、ミサイルで応戦してくれる。
ヘリと違い、指定したポイント付近の敵しか攻撃してくれないので注意。また、停止しているため打ち落とされやすい。
旋回中はスティンガーを撃っても当たらないこともある。
Attack Helicopter:攻撃ヘリ:7kill
前作にもあったヘリの攻撃支援。ハリアーと違い、マップ中を飛び回って攻撃してくれる。
耐久力はハリアーよりも低いが、ハリアーよりも作動時間が長い。
素晴らしく撃墜されやすく、かなり使えないPerkに成り下がった。
Emergency airdrop:緊急空中投下:8kill
Care Packageの上位版。ランダム支援ボックスを4つ投下する。
ただし、なぜかEMPは出ない。
3つのボックスを落とすため、敵に取られないように。仲間にもあげるつもりで。
Pave Low:ペイブロウ:9kill
Attack Helicopterの上位版。より戦闘能力が上がっている。
また、フレアを散布し、ミサイルを1回だけ回避する。
Stealth bomber:ステルス爆撃機:9kill
Precision Airstrikeの上位版。爆弾の投下量が増えた他、レーダーに映らない。派手な音はする。
なお、爆撃地点下にいるが、建物内にいて安全な敵に対しても、スタンのような効果(動きがゆっくりになる)を与える。ただしこのスタン効果は味方にもあり。
AC-130:AC-130:11kill
AC-130を操縦できる。3種類の武器で自分で狙って撃つ事ができる。
ただし、発動時間はそれほど長くない他、連射もできない。が、威力は高く、爆発範囲も広い。
フレアは2回まで散布する。
chopper gunner:ヘリガンナー:11kill
ヘリの機銃を遠隔操作できる。フレアは1回。
弾が微妙な範囲攻撃となっている上、連射も可能、敵の位置も表示されるため、かなり無双状態になる。
EMP:EMP:15kill
EMPを発生させ、敵の電子装備(ヘリなどの支援兵器や、ドットサイトやホロサイトなど)を無効化・使用不可する。航空支援を落とした場合、ポイントも入る。
ちなみに自分が呼んだ航空支援も無力化する。
レーダーや現在のスコアなどのHUDもすべて消える。戦略核は無効化できない。
Tactical nuke:戦術爆撃:25kill
核爆弾を使用する。呼んでから10秒後、自分含め敵味方すべて即死し、強制的にラウンドが終わる。呼んだチームの勝ち。
使用者は敵を全員倒した分のポイントももらえる。

Death Streak
Copycat:コピーキャット:4death[初期]
4回目にこちらをkillした敵のクラスをそのラウンド中使用できる。上書き拒否も可能。
Painkiller:鎮痛剤:3death[Lv6]
復活した後の10秒間、体力が3倍になる。
Martyrdom:巻き添え:4death[Lv27]
死んだ直後、グレネードを落とす。前作の殉職と同様。
FinalStand:ファイナルスタンド:4death[Lv39]
Last Standの上位版で、メイン武器で応戦できる。這って移動が可能で、一定時間その状態でいることで自動復活する。体力も徐々に回復するため、ラストスタンドのように1発で死ぬと言うことも無い。
 
ストーリー攻略 ACTⅢ
 

Read more...
ストーリー攻略 ACTⅡ
 

Read more...
ストーリー攻略 ACTⅠ
今のところ難易度レギュラー基準。
思い切りネタバレなので追記から。
 

Read more...
武器
だいたいCoD4攻略からのコピペ。
プライマリウェポン
アサルトライフル
中・遠距離の要となる武器。威力、射程共に高く集弾性も高いため様々な場面で扱える武器。
スコープを付ければ狙撃も可能。その際連射するのでは無く一瞬撃ってはやめ撃ってはやめを繰り返す方が効果的。
オンではセミオート(単発)、バースト(3連発)、フルオート(連射)の3種類の発射レートがある。
サブマシンガン
小型で小回りのきく近・中距離用の武器。特に近距離戦ではショットガンに次ぐ驚異となる。
ダッシュした後の射撃や武器の持ち替え、ナイフスピードなども他の武器に比べて早い。
しかしある程度距離が離れるとかなり弾が散ってしまうため遠距離戦には向かず、無理に追わない方が良い。
今作ではマップの構造上、前作ほど活躍できない中途半端な武器になってしまった。
軽機関銃
装弾数が非常に多く、また貫通力にも優れた中~遠距離用の武器。どれだけ距離があっても威力が減らないのが特徴。
弾は散らばりやすいため、しゃがみ状態や匍匐状態から撃った方が当てやすい。
ただし逆にその弾の散り方から敵を近寄らせない段幕としては期待できる。
スナイパーライフル
狙撃に特化した武器で、スコープを除かない通常状態では照準が表示されない(撃つことはできる)。
匍匐状態などから遠距離の敵を狙撃するのが役目で、近距離戦ではその特徴から先に敵を見つけていないと厳しいので、セカンダリウェポンに頼ると良い。
また、クラスをスナイパーで選んだ場合、(マップにもよるが)ギニースーツというカモフラージュ防具を装備しているので、草むらからの狙撃は得意。
また、頭に当てると即死させれる他、胴体でも行ける。Perkでストッピングパワーを付けると即死判定が広くなる(腰当たりまでOK?)。即死判定は武器によって異なる。
アタッチメントでACOGスコープを付ければ、セミオートのアサルトライフルみたいな戦い方もできるようになった。
シールド
武器では無いですが。今作より追加された新要素。前面に居る敵に対して殴って攻撃する。2発で倒せる。
完璧ではないが、ある程度の正面からの攻撃を防ぐことができる。グレネードなどの直撃を受けた場合でも、正面であれば完璧に防げる。ただし、Semtexをくっつけられた場合は即死する。
ただし、同時に武器を使うことはできない他、グレネードなどを投げるときには一瞬防御が外れる。また、移動速度、旋回速度が遅いため、横に回り込まれてナイフでさっくりされる恐れも。
しゃがみ状態であれば、ほぼ全身をカバーできる。また、盾を下に向けて落ちれば落下ダメージを軽減できる。
ちなみに、セカンダリウェポンを装備しているときは微妙に背中を守ってくれる。


セカンダリウェポン
マシンピストル
今作より追加された武器系統。
ハンドガンの威力が下がった代わりに、サブマシンガン以上の連射性能を着けたような武器。
有効射程距離も短いので、ショットガン並の近距離戦を行う必要がある。弾のばらつきも多く、その連射力と装弾数故弾切れになりやすい。
ただし、瞬間火力は馬鹿にならないので、狭い場所や待ち伏せなどに。
ハンドガン
いざという時のための武器。
武器の切り替えがリロード速度よりも早いため、銃撃戦途中の弾切れの際に役に立つ。
オプションなどはつけれないため近距離戦くらいでしか使えないが、きちんと使えば非常に使える武器。
なお、この武器にのみアタッチメントでタクティカルナイフを装備することが出来、ナイフの速度が上がる。コマンドーと併用するとまるでテレポート。
ショットガン
今作よりセカンダリーウェポンに変更。
近距離戦に特化した武器。近距離で当てれれば即死させることも可能。
遭遇戦には非常に強いので室内が多いマップなどでおすすめ。メインウェポンを別に持つことができるようになったため、戦いの幅が広がった。ちなみに移動やジャンプ中でもクロスヘアの大きさが一定で変わらないという特徴も持つ。
また、アタッチメントも増え、サイレンサーまで装備できるように。ただし、サイレンサーを付けると有効射程が恐ろしく短くなるため、注意が必要。
ちなみに、腰だめ撃ちよりも構え撃ちの方が弾がばらけるので、腰だめ撃ちを心がけるといい。
ランチャー
オフでは武器の一つとして、オンではセカンダリーウェポンとして装備できる武器。
今作では、オンでもグレネードランチャーやスティンガー、ジャベリンなど様々な種類のランチャーが使えるようになった。
なお、スティンガーは対航空兵器にしかロックオンできない他、ジャベリンは航空兵器及び指定した地点にのみロックオンできる。

装備品
Frag
いわゆる普通のグレネード。RBで構えた後、4秒後に爆発する。
投げるタイミングを変えることで、敵に回避の暇を与えず倒すこともできるが、自爆には注意。
Semtex
くっつきグレネード。壁や床にくっつく=転がったり跳ね返ったりしない。人にくっつけばもちろん即死。くっつけれれば盾持ちにも有効。
こちらは構えてからではなく、投げた瞬間にタイマーが作動し、2秒後に爆発する。ピッピッピと特徴のある音がする。
Throwing Knife
銃弾並の速度で飛ぶ即死武器。射程距離はあまり長くなく、途中から放物線を描いて落ちる。壁や床に斜めに当てれば跳弾する。
ちなみに壁や床に刺さった(落ちた)ナイフは回収可能。
Tactical Insertion
緑色の発煙筒。1回だけその場所から復活できる。
破壊可能。
Blast Shield
爆発物のダメージからある程度身を守ってくれる。何度でも着脱可能。装備すると視界が狭まる。
なお、スタングレネードも無効化できる。
Claymores
床に設置できる対人地雷。コーン状の赤外線を飛ばし、そこに敵が踏み込んだ瞬間そちらの方向に爆発する。
場合によっては走り抜けて回避することも可能。また、今作ではフラッシュやスタングレネードで一時的に無効化できる。
作動すると、ピッという特徴的な音がする。
撃って破壊することが可能。
なお、一人が設置できるのは最大2個までで、3個目以降は古い順に消えていく。
C4
壁や床にくっつく爆弾で、自分で任意のタイミングで起爆することができる。投げる距離はかなり短い。
なお、リモコンを持っていない状態でも、Xボタンを2回押すことで起爆できる。
また、今作ではフラッシュやスタングレネードで一時的に無効化できる。
撃って破壊することが可能。

スペシャルグレネード
Flash Grenade
強烈な閃光を出すことで見た者の目をしばらく封じることができる。
しかし、封じたと言っても発砲は普通にしてくるので前から近づくことは割けるように。
これも同じく自分にも食らうし、また回避方法がフラッシュグレネードのない方に向けば良いだけ。
ただ、このゲームはグレネード自体目視ではわかりにくい上爆発までの時間が短いので結構引っかかる。
Stun Grenade
着弾地点の周囲に爆音と閃光を出し、敵の動きを一時的に止める効果がある。
オフだと敵がしばらく身もだえし、オンだと敵の動きが一時的にスローモーションみたいになる。
フラッシュグレネードに比べ効果範囲が非常に狭いが、後ろ向いたりしてても効果はあるため逃げる以外の回避方法が無い。
しかし、フラッシュにくらべ効果時間が短く、かかった敵もゆっくりとはいえこちらを狙って撃つことはできるため過信はできない。
Smoke Grenade
今作ではなぜか1個しか持てなくなった。
着弾地点に煙を発生させるグレネード。きちんとした煙幕になるまで少し時間がかかる。
敵はもちろん味方も見えなくなってしまうので使いどころは考えて。
なお煙越しだと敵味方の名前表示が無くなるため区別が付かなくなる。サーマルスコープに対しては無力。
ショットガンなどで接近するときやスナイパーに狙われている場合、
サーチアンドデストロイなどで一定のポイントに行かなければならない場合などに巻いておくと便利。  
とりあえず海外版基準で。
ちなみに過去作品でもそうだった事は除外。
そのうち日本語版にも対応します。

過去作品参考
Call of Duty4
Call of Duty:World at War

翻訳はこちら

知っておくと良いこと
オフ
■オフのシステムに関しては、インターフェース以外Call of Duty4とほぼ変わらない。
■今作でもやっぱりチェックポイント通ってもオートセーブはされず、ミッションを途中でやめたい場合はポーズメニューからSave&Quitを選ばなければならない。
■インテルもやっぱりある。

オン
■一部の対戦モードでは、パーティーチャット(XBOX Live上でのパーティーチャット)が使えない。
 死んだ後に、特定の仲間に有益な情報を伝えないようにするため。.
 ただし、プライベートチャットなら可能。
■対戦でもらえる経験知が増えた。その分レベルアップに必要な経験値も増えた。
最大ランクは70で、恒例のプレステージもあり(ランク71)。エンブレムやタイトル、ランキング情報のみ引き継がれる。
なお、今作では奇数回数目のプレイステージに入る毎にカスタムクラスが1個増える(最大10個になる)。また、プレステージ限定のタイトルやチャレンジもあり。プレステージ用チャレンジのみプレステージ後も引き継がれる。
■装備品に様々な変更あり。
 ショットガンやロケットランチャーがセカンダリウェポンになった他、アサルトライフルに付けるグレネードがPerkを使わなくなったり。
 また、アタッチメントにも変化があり、従来通りその使用して敵をキルしてアタッチメントが解除されるが、それの上位版などを解除するためにはそのアタッチメントを使用しなければならない。(アサルトライフルで、サイレンサーを装備して敵を15キルするとハートビートセンサーが解除されるなど)
■Perkに様々な変更あり。
 Perkを装備した状態で、各Perk毎の特定の条件を満たすことで、そのPerkの上位バージョンが解放される。チャレンジ扱い。
■連続キルした時のKill Streakシステムが変更され、様々あるKill Streakを、Perkの様に3つまで自由に装備できるようになった。ランク10になってからは、一定ランク上がる毎に1個好きなKill Streakをアンロックできる。
 また、Death Streakという連続で死んだ場合に発動するPerkも追加された。こちらも変更可能。
■特定の条件で敵を倒したりすると、通常よりもポイントが増える。
 ヘッドショットで倒したり、遠距離の敵を倒したり、敵を同時に倒したり。
 これらの効果は重複する。
■対戦途中でホストが落ちても、対戦の途中から再開される。エラーで落ちた場合は無理(ガックガクになってバグって止まる)。  

ACTIVISION(海外販売)/スクウェアエニックス(日本販売)/海外公式サイト/日本公式サイト

■オフライン:B
■オンライン:A
■難易度:D~B
■実績コンプ:B


人気のあったCall of Duty4の続編が登場。Call of Dutyシリーズの新作というよりは、Call of Duty4 :Modern Warfareの続編という作りをしていて、実際過去にはCall of Dutyの名前を廃して、Modern Warfare2として出そうとしていたほど。
舞台も他のシリーズと違って現代戦で、前作の数年後が舞台になっており、前作のキャラも登場します。
システム的にも進化していて、新たな武器の登場はもちろん、心音センサーや投げナイフ、2丁拳銃などの要素も増えている他、本編のCo-opは無いものの、Co-op専用のモードも用意されています。
オンラインも変化していて、Perkの数が圧倒的に増えている他、連続キル時のKill Streakシステムも自分でカスタマイズできるようになるなど、盛りだくさんの内容に。
 

Read more...
Left4Dead2の体験版が出てたのでプレイ。
いやはや さすがValve。普通におもしろくなってました。

このシリーズは4人でのCo-opをメイン基軸に置いたゲームで、助け合いながら大量のゾンビを相手に進んでいく、というコンセプトのゲーム。
このゲームのゾンビは、古典的なのろまなゾンビと違って、映画「28日後」や「ランドオブデッド」のように全速力で走ってくる新しいタイプのゾンビです。
それが緩急を付けてものすごい数で襲ってきます。
マップ自体はあまり数が無いけど、AIディレクターという独自のシステムが組み込まれていて、ゾンビの出現パターンなどが刻一刻と変わっていく特徴があり、何度もプレイ可能な様に造られております。
武器の数も絞られていて、全体で見るとかなりシンプルなゲームになってます。
そのおかげで逆に飽きにくく遊べるというのは、さすがValveと言った感じ。

前作からの変更点として、
・銃、投擲武器の追加
・接近武器の概念追加
・初期武器がランダムに
・AIディレクターの進化
・ランダムで先に進めるルートが変わる
・ボス感染者の種類追加
・Witchが歩くように変化
・普通のゾンビにも新しいゾンビが追加

体験版で気づいた変化はこれくらいでしょうか。
個人的にはどれも非常に大歓迎な追加要素で、体験版の時点ですでに前作よりも好きな予感。
前作のシンプルな感じも良かったけど、飽き性の自分にはなかなかつらくて・・・

ゲームモードに関しても、前作にもあったVSモードの他に、リアリズムやサバイバル、スカベンジなどの新モードが追加されてました。体験版ではプレイできませんでしたが。
サバイバルってのは恐らく前作のダウンロードコンテンツにもあったモードかな?
結局あれはダウンロードしただけでやってないですけども・・・

製品版ではその他にもどれくらいパワーアップしてるのか非常に楽しみです。  
2009/11/12 00:23|XBOX360 体験版TB:0CM:2
魔女の棺
とりあえず分かりにくそうな場所のみ
武器の入手方法の所に書いた所も一部含む
1章[2個]
2章[4個]
3章[6個]
■地下に付いた後、右後ろの通路先
■火の柱が上から降ってくるところ 火柱エリアの出口の反対側
■地上に出た後、出口から見て左側にある大きな岩の裏

5章[4個]
■ハーモニー初戦後、ゲートオブヘルの左側から下へ降りる

6章[4個]
■スタート地点真後ろ
■VERSE1の通路上
■水場の入口から見て左下
■ジョイ戦後、ゲートの裏

9章[11個(鍵のパーツが入っている棺含む)]
■最初の広場へ降りる最後の足場から見て左 広場のバレットがあるドームの下あたり
■最初の広場の端 壁を壊した中
■ゴーレムが落ちてくるゲートオブヘルの所 光の道に乗らず、奥の足場に行ったその先の壁を破壊

10章[5個]
■最初のジョイ戦後の広場にある2階渡り廊下
■街を回転させる際に右回転した先の足場
■キンシップを3体倒した先
■上記キンシップ×3後の足場からさらに右
■最後の水場前のゲートオブヘル 正面の壁を破壊した先

12章[4個]
■スタート地点の右下
■スタート地点から少し進み(最初の戦闘より手前)、左側にある半開きの扉を破壊
■コンテナが落ちるエリア 上にある足場

15章[5個]
■スタート地点から右へ進み、手すりをカラスで越えた先
■エレベーター落下エリアの先 足場に乗って上に行かず、奥の隅にある
■上記女神像エリア 回転スイッチの反対側の穴の中
■落ちる床の所に2つ

ウィッチハートのかけら
難易度ノーマル以上でしか出ないので注意
魔女の棺に入っている物除く
1章
■最初のゲートオブヘルのある場所 噴水広場方面出口の上
■噴水広場の次の狭いエリア2階
2章
■ジャンヌ戦後、ムーンウォークで壁に登り、左端にある石像破壊
■最初の広場 魔女の棺近くにある建物の中
■ウィッチタイムで橋を造るところ 橋の後ろにある建物前の木の上
3章
■パラディソの石版の右側にある木の根元
8章
■Verse3で、Verse3終了直前の2回目のビブラドが居る橋 右のアーチを進む
■Verse4で、1回目のトンネルを抜けた後すぐにある道が壊れる演出の直後、右側にあるコーンを突っ切って先へ進む
14章
■Verse1とVerse2で1回ずつあるミサイル上での戦闘で、1回ずつトーチャーアタックを出すと、2回目のミサイルの時に入手

ムーンパールのかけら
難易度ノーマル以上でしか出ないので注意
1章
■スタート地点で、2階にあるベンチをすべて破壊すると電車が発車する その跡  
魔女の血涙
回収した魔女の血涙は、コレクトファイルで見れる
下記は実績以外の赤いカラスの場所

長くなってきたので追記からどうぞ  

Read more...
お金稼ぎ
1章
チャプター1の開始地点(駅のホーム)で、2階部分にあるベンチをすべて壊す(2階へは2段ジャンプで上る)。
すると、発車音と共に電車が動き出すので、急いで電車の上へ。
そのままトンネルの中へ入っていくと1万ヘイロウもらえる。
チャプターセレクトへ戻り、繰り返す。

6章
開始地点の真後ろにある魔女の棺を開ける。初回はスケーターズ・ワルツの欠片が入っているが、
2回目以降は5000ヘイロウ入っているので、これを何度も取る。

エピローグ
ラスボスを倒しまくる。クライマックスアクションボーナスと撃破ボーナスが主な収入なので、難易度ベリーイージーでも可。
エンディングを強制的に見せられるため、倒し終わった後の方が面倒くさいが、一回で約13万ほど貯まる。慣れれば10~15分ほど。

アルフヘイム
絶望の眼差しを装備した状態で、敵を倒しまくる。
コンボを繋げて行けばかなり稼げる他、アルフヘイムであれば失敗して死んでもリスクが無い。
当然だが、条件が「パンチ&キック制限」や「ウィッチタイム無効」、「ウィケッドウィーブ制限」など、
こちらの戦闘能力に影響を及ぼす様なアルフヘイムでは向いていない。

 

Read more...
アルフヘイム
難易度ノーマル以上で出現するミッション。なにげにVERSE扱いです。
なお、アルフヘイム内では体力は減らず、決められた回数(緑の球)攻撃を受けると失敗。
ゲームオーバーにはならず、アルフヘイムの入口へ戻される。
クリアすればムーンパールかウィッチハートの欠片がもらえる。
なお、すべてクリアすれば、隠しチャプター・エンジェルスレイヤーがプレイできるようになる。

ちなみに以下の攻略は、一通り全クリした後の状態。かつ難易度はノーマル。
難易度がハードなどだと、出てくる敵やクリア条件まで厳しくなる。
長くなってしまったので追記から。  

Read more...
敵データ
名前下の[ ]内は、トーチャーアタックの種類と、連打するボタン
一部の敵はクライマックスアクション
アフィニティ
[正面時:アイアンメイデン/B]
[背面時:ギロチン/B]
[空中時:首吊り/B]
[ダウン時:墓石/B]
もっとも多く戦う事になる下っ端兵。通称天使。とは言えけして侮れず、様々な武器を使って取り囲んでくる。
いかに複数の攻撃の中からウィッチタイムに繋げられるかが勝負のキモとなってくる。
ホルンを持った敵は遠距離攻撃を得意としているため、できるだけ早い内に処理すると良い。
なお、稀にいる火の付いたアフィニティは、ウィッチタイム中に攻撃するか、火ドゥルガーか天使武器でしかダメージを与えることはできず、こちらが少しダメージを食らう。
ちなみに、アフィニティ、アプラウド、アーダーは、状況によってトーチャーアタックが変わる。

アプラウド
[正面時:アイアンメイデン/B]
[背面時:ギロチン/B]
[空中時:首吊り/B]
[ダウン時:墓石/B]
アフィニティのちょっと強い版。通称大天使。体が大きく、右下に体力ゲージが出る。
多くのアフィニティと同時に出てくることが多く、攻撃力の高いこいつの攻撃が紛れやすい。
こちらの足下に魔方陣を書く遠距離攻撃も行ってくる他、突進攻撃は画面外から飛んでくる上、速度も速いため避けづらい。
とは言え、大して強くはない。トーチャーアタックでも1撃。
ただし、赤い服で弓(双剣)を持っている奴と、体力ゲージは見えないが、大きなホルンを持った奴はやや面倒くさい。

アーダー
[正面時:アイアンメイデン/B]
[背面時:ギロチン/B]
[空中時:首吊り/B]
[ダウン時:墓石/B]
アプラウドが、剣・鎧・盾を装備した感じの敵。
盾でこちらの攻撃を弾き、その隙に剣でこちらを攻撃してくる。連続攻撃はなかなかの驚異。
ウィッチタイムを効果的に使うと良い。
なお、トーチャーアタックでは1撃で倒すことができない。

ビラブド
[クライマックス:ゴモラ/X]
大型のパワーファイター。大きな武器を振り回したり、足を叩きつけてきたりする。
ちなみに背中の赤い宝石が弱点っぽい。ただし、調子に乗って背中を攻撃してくると、腕で掴んでくる事があるので注意。
全体的に予備動作が大きいため、回避がしやすい。

ブレイブス
ビラブドの強化版。かなり個体が小さくなっているが、一部攻撃がウィッチタイム不可攻撃になっている。また、速度もちょっと速い。
3体一組で出てきて、3体とも体を光らせてポーズを決めると合体してでかくなる。体力も全快になるっぽい。合体すると堅くなって体力も増えるけど、戦い方自体は変わらない。

ディア&デコレイションズ
[パンサーシュート/B]
天使みたいな方がデコレイションズで、濃い顔のおっさんがディア。
どちらか単体のみで出てくる事もある。
ブレイクダンスで一掃すると気持ちが良い。
なお、同時に出てきた場合は、デコレイションズがディアの周りをバリアの様に飛び回る。
ちなみにトーチャーアタックは無く、ピヨり時にパンサーシュートという技で蹴り飛ばせる。魔力消費無し。

エンチャント
[つかむ/左スティック回転]
車輪。地面に落ちているときは火球を飛ばしてくるが、これが意外と避けにくい。
近づいたり攻撃すると転がりはじめ、このときは攻撃を当てれば動きを止めてくれる。
なお、ある程度ダメージを与えるとピヨって掴めるようになり、他のエンチャントに当てれば一撃で倒せるっぽい。魔力消費無し。

フェアネス
[車輪/B]
火の付いた犬。口から火球を飛ばしてくる他、かなり速いダッシュ噛みつきや、こちらの動きを止める雄叫びなど、様々な攻撃を行ってくる。
動きが速く防御力も高めなため、ウィッチタイムを効果的に使うと良い。
なお、ウィッチタイム以外の場合は、頭を攻撃してくるとたまに弾かれる。

フィアレス
[車輪/B]
フェアネスの雷版。動きはあまり変わらないが、雄叫びが無くなった代わりに尻尾伸ばし攻撃を行ってくるようになった。また、空中で消えてこちらの目の前から飛び出して噛みついてくる攻撃も追加されている。
火球の代わりになぎ払うレーザーを吐く。これはウィッチタイム不可。

グレイス&グローリー
[万力/左スティック回転]
火がグレイスで、雷がグローリー。通称双子(2体同時に出てくる場合)。単品で出てくる事もあるが、大抵同時に出てくる。
恐ろしいほど強力な敵で、動きが非常に速い上、二人がかりの空中コンボ攻撃を食らうとあり得ないぐらいダメージを食らってしまうので注意。
ウィッチタイムを駆使して集中して片方ずつ仕留めるのが良いか。

グラシアス&グロリアス
[万力/左スティック回転]
グレイス&グローリーの強化版。おそらく本作最強の雑魚敵。
動き自体はあまり変わらないが、すべての面で強烈に強くなっている。
一部、というかほとんどの攻撃がウィッチタイム不可という恐ろしい仕様になっている。

ハーモニー
[チェーンソー/Y]
空飛ぶエイ。通称もエイ。位は高いがあまり強くはない。尻尾攻撃はやや速めで避けづらいが。
注意すべきは球体を出す攻撃で、連続ヒットの恐れあり。(1,2回しか見たことないので、もしかしたらこいつの攻撃じゃ無いかも?)
こいつ相手にトーチャーアタックをかけると、チェーンソーが入手できる。

インスパイアド
[カウンター時:ウィケッドウィーブ/X]
[クライマックス:マルファス/X]
空飛ぶ蛇。攻撃範囲外に居ることが多いが、銃で攻撃すれば撃ち落とせる。
とぐろを巻いているときは接近攻撃を当てる絶好のチャンスだが、尻尾振り攻撃はともかく、それに紛れ込ませる頭突きが回避しづらい。
なお、突進攻撃をしてくるときにタイミング良くY+Bボタンでカウンターを決められる。

アイレニック
ごく一部のステージにしか出てこない車型の天使。
後ろから爆弾をぽろぽろ落としてくる。しかし当てる気がない。
あんまり強くなくて、むしろ一般車両の方が邪魔。

ジョイ
[三角木馬/X]
エロい天使。結構動きが速いほか、回避しづらい攻撃を多く持っている。
特に羽を使った攻撃が結構厄介。鞭や蹴りでの連続攻撃も驚異的。
トーチャーアタックがエロい。

キンシップ
船の形をした天使。ミサイルやレーザー、アームなどを飛ばしてくる。
上に乗ることが出来、四角いミサイルポッドが弱点。途中アームでつかみかかってくるので、それは回避しておこう。
なお、破壊後もその場に留まるため、足場として利用できる。  

Read more...
 

メモ 

■コメントの禁止ワード[アダルト]その他
■次回攻略予定:未定
■かつて無いほどブログ放置
■箱でやるゲームが無いんです・・・!
 

 

ブログ内検索 

 

注目タイトル 


 

Play-Asia

 

 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。